PhotoImpact ロゴ集

☆フォトインパクトを使うと非常に簡単にロゴを作ることができます。
ここではできるだけヒントになるような作り方を提示しています。
後はお好みに応じて、ご自分で様々な効果を加えてください。

下に行くほど古い物です。

パス描画ツールで2Dで長方形を描き、イージーパレット/素材の属性/テクスチャ/森2の効果を適用する。 
上にフォント:Elephantで文字を書き、イージーパレット/タイプ/コンクリート5の効果を適用。重ね合わせる。
パス描画ツールでモード2Dで長方形を描き、イメージに変換してイージーパレット/塗りつぶし/グラデーションG40の効果を適用する。 

その上にElephantで上に文字を書き、変形ツール/回転で180度回転。イメージに変換して同じくG40を適用。
180度回転して元に戻し、長方形と合わせる。シャドウをつける。(XYオフセット2,ソフトエッジ2)
フォント: Gear Prop 3D球モード 
メタリック/銀 
色/黄色
複製し、オブジェクトの種類を変換/イメージへ 
イージーパレット/塗りつぶし/マジックテクスチャMT106を適用。フェードアウトで上半分を消し、元の図形の上に重ねる
フォントAirplane
イージーパレット/テキストスタイル/S15
シェーディング/輝き5
反射/R31
フォント:Bloody
イージーパレット/テキストスタイル/G13
バンプM21(密度を100%に)
シェーディング/輝き2  
色/黒
モード3D球。幅50.
イージーパレット/素材の属性/メタリック/金6
色/黄色
シェーディング/銀3 
特殊効果/塗りつぶしとテクスチャ/メタル1
フォントMystical
パス描画ツールで長方形を描く。(300x100)
その上にMysticalで文字を打ち込む。
文字の上で右クリック/シャドウ。色は黒、一番左のタイプ(シャドウが右下)をクリック。XY軸オフセット3、透明度50、シ ャドウサイズ100、ソフトエッジ3。

再度文字の上で右クリック/シャドウ分離。

文字の上で右クリック/シャドウ。今度は色を白。左から4番目のタイプ(シャ ドウが左上)をクリック。その他の設定は黒のシャドウと同じ。
下の物があまりに簡単で申し訳なかったので、複製し、後ろ側の物を明度を下げてずらして配置しました。
フォントPark Avenue
イージーパレット/タイプ/境界3 デフォルトのまま。
右クリック/シャドウXY軸2,ソフトエッジ2
フォント:Mystical
モード:3D球、幅5、斜面/前へ3 テクスチャ/森1 の効果を加え、シェーディング/銅2 
右クリック/複製/左下を10回繰り返す。(1ピクセルずつ左下にずらして重ねる)

右クリック/一つのオブジェクトにマージ/シャドウをつける
フォント:Baharatic-font
イージーパレット/タイプ/グラデーション1
フォント:BabyKruffy
イージーパレット/タイプ/版画8色を緑に色調を調整
フォント:Adine
モード:3D円錐
イージーパレット/素材の属性/メタリック/金8. バンプ/M28
シャドウ追加
フォント:Incognitype
イージーパレット/タイプ/グラス1
イージーパレット/塗りつぶし/マジックテクスチャ /MT9


☆ふとした事から他の画像ソフトの解説サイトを見ていて、
一つのロゴを作るのに、レイヤーやらブラシやらものすごく複雑に解説してあって驚きました。
PhotoImpactを使うと、申し訳ないほど簡単にこれらのロゴができてしまいます。
基本的にはイージーパレットの効果を一つ一つためしていけば
それでもうロゴができあがります。
ここではロゴ作りのヒントをいくつか提案してみました。
これをふくらませて自分なりに新しいロゴを作ってみてください。




PhotoImpact Tipsへ戻る

素材屋さんのためのPhotoImpact講座トップへ戻る