素材屋さんのためのPhotoImpact基礎講座(3)

4.PhotoImpact内蔵の画像を使う〜コンポーネントデザイナーとイージーパレットのライブラリの使用
1.さてPhotoImpact 基礎講座(1)(2)でパス描画ツールで作るベクタ画像について述べましたが、素人がいきなりパス画像を作るのは結構難しいですね。
そこでお薦めなのが、PhotoImpactに内蔵されている他の画像です。

まずは上のツールバーからWeb→コンポーネントデザイナーをクリックしましょう。

2.左のようなコンポーネントデザイナーのダイアログボックスが開きます。
どれでも選んでクリックしましょう。
右側にサムネイルが見えるので、どれでも選択して、次へをクリック。
3.エクスポートをクリックし、「単独オブジェクトとして」を選択します。
4.左のようなキャンバスが開きます。
5.レイヤーマネージャを見ると、個々の部品がレイヤーになっているのがわかります。
6.赤い実と葉っぱを一組、茎(?)を取り出し、配置を変え、ジェルの効果をかけました。実には色の効果もいろいろかけてあります。
これで新しい素材ができました。
7.PhotoImpactにはもう一つパスオブジェクト(ベクタ画像)が入っています。

イージーパレットのライブラリの方のタブをクリックし、その中のパスという項目を見ると、左のような画像のサムネイルが見えます。これらはすべて加工可能なベクタ画像なのです。(イメージのフォルダにも画像が多く入っていますが、こちらはラスタ画像です。)
どれでも選んでドラッグしてみましょう。
8.ここでは「カギ」を選んでみました。
レイヤーマネージャを見るとグループになっているので、図形の上で右クリック→グループ解除を選びます。
9.右のカギとキーホルダーだけを選び、配置を変えイージーパレットから別のテクスチャを貼り付けてみました。
かなり感じがかわりますね。
もちろん他の画像やフォントなどと組み合わせることも可能だし、形を変えることもできます。

これに限らず、ライブラリの画像は非常に高度な技術で作ってあります。
分解してみるだけで、いろいろと 勉強になります。
5.「ラップ」を使う
1.最後はイージーパレットの「テキストとオブジェクトの効果」の「ラップ」の「パスで包む」を使ってみましょう。

まずキャンバスにパス描画ツールで何でも画像を描いてみます。

大きさは小さめに、円や楕円のような単純な形の方がいいです。このとき変形ツールを使って大きさを変えるとうまくいきません。一息に描いてください。


描けたら「パスで包む」の効果をかけてみましょう。
これもどれも片っ端からやってみればいいです。ちなみに左図では右の図が「パスで包む14」左下が「パスで包む16」の効果です。

イージーパレットのサムネイルを右クリックし、「プロパティを修正して適用」で数字の設定を変えるとまた別の画像ができます。
右下はこれにジェルの効果をつけ、色を変えただけです。

とにかく片っ端からやってみましょう。PhotoImpactはこうした偶然がおもしろいソフトです。
これでPhotoImpactの基本講座を一応終わりにしたいと思います。
ですがPhotoImpactの機能はもっと数多くあります。
ここまでマスターした方は、ぜひ次のRosieさんのtutorialに挑戦してください。
私の基本講座と異なり、tutorialは大きさや効果なども実に細かく設定が書かれています。
まずはそのとおりにやってみて、それから自分なりにどんどん応用していってください。




Rosieさんのtutorialへ



トップに戻る