イメージ(ラスタ画像)をパスオブジェクトに変換する〜トレースの使い方

通常はパスオブジェクトはパス描画ツールで描きますが、時にはパス描画ツールの中に、作りたい形がない場合もあります。ここではそんなときに、イメージ(ラスタ画像)からパスオブジェクトを作る方法を解説します。
左のような形を作りたいと思いますが、これをパスオブジェクトで作る方法を解説します。
1.まずパス描画ツールを使って楕円を描きます。
ここではわかりやすく(また後のために)空色で境界線5を付けてあります。
2.変形ツールを選択し、上の「反時計回りに回転」とでるアイコンを選択して、図形をコピーしながら反時計回りに45度回転させます。
3.二つめの画像の色を白にします。
4.一つめの図形を黒にして、右クリック→すべてマージを選ぶと、左のような図ができます。

選択ツールのマジックワンドで、黒い部分だけを取り出します。(ここではイメージ(ラスタ画像)になっています)
5.変形ツールを選び、上のツールバーから「回転」を選択します。
回転の中心点(○と+が重なった部分)を左のように回転させたい中心部に移動させます。

上のツールバーから「反時計回り」を選択。
45度ずつコピーして回転させます。

これを7回繰り返すと左のような図ができます。
5.上のメニューバーから、編集→「輪郭をトレース」→「イメージ」を選択。
6.左のような「トレース」のウィンドウが開きます。許容値とか移動ポイントとかありますが、ほとんどの場合デフォルトでいじらないのが一番よいです。
(Rosieさんのチュートリアルや他の方の物でも、トレースの機能を使う場合には、デフォルトの数字を使うことがほとんどです)
OKをクリック。
7.OKをクリックしてから、左のピックツールを選択すると、図形が青に変わります。これで左の形のパスオブジェクトができました。
8.好みで自由に3Dにしたり、様々な効果をつけてみましょう。
9.パスオブジェクトなので、パス編集ツール(パス描画ツールの選択肢の中にあります)を選択すると、左のような線画になり、編集できます。
10.パス描画ツールのカスタム形状を組み合わせて左のような模様を作ってみました。
11.まとめて右クリック→「一つのオブジェクトとしてマージ」を選択。(「一つのオブジェクトとしてマージ」を選ぶとイメージ(ラスタ画像)になります)
12.トレースの機能を使って、この形のままパスオブジェクトに変換します。
13.効果を付けました
14.元となる画像は、写真などでもOKです。左はPhotoImpactに元から入っている葉っぱの画像を使いました。(イージーパレット→ライブラリ→イメージから)
15.バケツ塗りつぶしツールを使って真っ黒に(いや、別にどんな色でもいいですが)塗りつぶします。

☆左図でわかるように、上のツールバーの「塗りつぶしに使う色の範囲」の表示(カラーピッカーの右)数字を255と最大にすると、確実に塗りつぶすことができます。
16.同じように編集→輪郭をトレース→イメージ
17.葉っぱの形のパスオブジェクトができました。
18.イージーパレットの素材→スキン→万華鏡13を選択。
ちょっとつながってしまいましたね。





PhotoImpact Tipsへ戻る

素材屋さんのためのPhotoImpact講座トップへ戻る